読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見習い魔法使いの日常

果たして魔法が使える日は訪れるのか!?

インターンシップに行ってきました

 時間が経つのは早く、ブロク名の変更から早2ヶ月が経とうとしております。大学によって多少日程は異なると思いますが、そろそろ夏休みが終わり後期学期がスタートした頃ではないでしょうか。さて、今回は夏休みにインターンシップにいってきたので、その感想であったりフィードバックなどを書いてみようと思います。

 どこに行ったのか、何をしたのかを具体的に記述することはできないため漠然とした内容になると思いますが、目的・目標・達成・今後・感想の流れで書きました。

 インターンに応募した目的は2つあります。

1つがインターンの内容や技術が私にとって興味があるものであったこと。
もう1つは就職して働くという感覚を知っておきたかったことです。

 参加するにあたり、これらの目的を少し派生させて、3つの目標を設定しました。

1.実習で用いたツールの理解を深める。
2.インターンシップを経て、残りの大学生活に活かせるものを持ち帰る。
3.実習中は求められる以上の成果を残せるよう取り組む。

これらを達成すべくインターンに取り組みました。


 次に、目標項目をどれだけ達成できたかを100点満点で点数をつけ振り返っていきます。

1.実習で用いたツールの理解を深める ... 75/100

1の項目に関しては75点くらいだと評価します。実習期間中毎日朝から夕方まで触るため嫌でもある程度は理解できます。しかし、それ以上はなかったという評価。
原因の1つは予習不足です。事前に業務内容について知らされていたのですが、予習段階では大雑把な概要だけしか掴めていなかったため、基本的な動作等を調べることに時間を費やしてしまいました。
ただ、実習の中で調べ実行・検証することで、ツールの特徴を掴むことはできたので概ね達成できたのではないかと思います。

2.インターンシップを経て、残りの大学生活に活かせるものを持ち帰る ... 90/100

インターン期間中は大きな発見から小さな気づきまで数多くの刺激を受けました。全部を書くわけにもいかないので、インターンで気づき持ち帰ってきたことを2つに絞って書きます。

 ・同期生のレベルが非常に高かった

 私の大学付近には他大学がなく、交流するにしてもいささか骨が折れるような環境にいます。いわば一種の閉鎖的な環境です。今回、他大学の人と交流して一番痛感したのがすばり能力の差。今回はインターンシップでしたが、これが就活であったなら売れ残っていたのは間違いなく私でしょう。
思っていた以上に参加者はレベルが高く、思っていた以上に私はヘボかったということです。発表の仕方であったり、質問の受け答えであったり、ざっくりというならばコミュニケーション能力と言われる能力に差がありました。
期間中私が感じた中で、一番ショックなことでした。ただ、これを就活の時になって気づくのでは遅すぎます。今この悔しさを感じることができたことは幸運なことであり、いざという時に手遅れで状態にならないよう今から補っていきます。

 ・大学生サイコー

 大学生はサイコーと言わせていただきます。私、魔法使いになるべくPC関連の知識を日々磨いております。それくらいPCが好きなのですが、朝から夕方までPCで作業を行い帰宅後PCを開く気になれるでしょうか?私は無理でした。
また、自分の時間というのも大学生と比べて非常に少なくなります。社会人になると今のような夏休みなんてものが一生来ないと考えると、大学生って本当すごい。一生でこれだけ時間があるのは大学生の時だけでしょう。ボケーとして終わらすのはあまりにもったいなさすぎます。
今までそういうことを考えたことがなかったので、これも良い発見でした。


3. 実習中は求められる以上の成果を残せるように取り組む ... 20/100

 言われたこと以上のことをやろうと意気込んでいたのも最初だけで、日をおうごとにスケジュールは遅れて行きました。前述した予習不足もあるのですが、完全に経験不足が遅らせてしまった原因だと思います。私の配属部署の関係で、普通はスケジュール通りになんていかないものだと言われました。しかし、遅れたことに対する対処がひたすらやること以外にとれなかったことがまたマイナス点です。代替案を提案したり、機能の取りやめなどの案を用意して相談しに行けば良かったと思います。臨機黄変に動くことができませんでした。今回のインターンでは目標とは逆で求められるレベルの仕事をこなせなかったというのが事実です。
ただ、最後まで挽回を諦めず取り組めたことは、今回一番頑張った部分だと思います。


インターンを振り返り今後に向けて、以下の点を意識して大学生活に戻ろうと思います

・一般教養、語彙力を鍛える(新聞、本を読む)
・私はこれをやっていますという趣味を見つける
・発表方法について学ぶ(他人の発表を分析)
・今まで以上に時間を有効に使う
・インプットで終わらず、アウトプットを行う(ブログの更新等)
インターンで身についた規則正しい生活を維持する


感想

小学生から中学生に上がった時、小学生のうちにもっと遊んでおけば良かったと考えたことはないでしょうか。
高校生から大学生に上がった時、あの時もっと勉強しておけば良かったと後悔したことはないでしょうか。
同様に大学生から次に進んだ時、もっとあの時間を大切にすれば良かったと思うのではないでしょうか。

その時々で大人たちは口酸っぱく言ったはずです。しかし、当時はピンと来ない。

今の気持ちを例えるなら、このような一種の後悔を感じるような気持ちです。
本来であれば後悔をしても時間を巻き戻してやり直すことはできません。

ですが、幸いにも私はまだ大学生です。

今この時間を大切にやりたいことや勉強したいことに挑戦し、卒業した時誇れるようになろうと思います。

インターンシップに参加できて本当に良かったです。