読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見習い魔法使いの日常

果たして魔法が使える日は訪れるのか!?

GithubのSSH Key の設定

今まで、作成したプログラム置き場としてGithubを使ってきましたが、ごちゃごちゃしてめんどくさかったので自分なりに綺麗にしてみました。

そのメモです。結構はしょってます。

SSH Key の設定

$ ssh-keygen -t rsa -C "email@address"                         
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/user_directroy/.ssh/id_rsa): github
Enter passphrase (empty for no passphrase): 
Enter same passphrase again: 


これでgithubgithub.pubファイルができるので、これらを~/.sshに移動させます。

$ mv ./github* ~/.ssh/

次はGithubSSH Keyを登録します。
ユーザ情報からSettings -> SSH and GPG keys でいけます。

New SSH Key で 適当なtitleを設定し、SSH Key を貼り付けます。
貼り付ける内容は以下の出力をコピペすればいいでしょう。

$ cat ~/.ssh/github.pub

Github上での設定が完了しましたら、あと少し!!

$ ssh -T git@github.com -i ~/.ssh/github

これで、成功すればSSH Keyの登録完了です。

(おまけ)

最近友人からghqというツールを紹介してもらいました。
クローンしたリポジトリを ~/.ghqで管理してくれというありがたいものです。
私にとっては非常に便利ですので、おまけで。

詳しい情報は以下を参考に。
Goで書かれているそうで、落ち着いたら一度読んでみたいですね。

github.com

では、brewを使って入れていきます。

$ brew install ghq

無事完了しましたら、早速使っていきます。

$ ghq get repository-URL
$ ghq list

私はかなりずぼらなので、どこにクローンしてきたのか忘れて探したりすることもあったのですが、これでもその労力はなくなったと思っても良いでしょう。

といっても、Githubで開発経験はありませんし、しばらくは作成したコード置き場になりますが...

ではでは